私たちの理念

 ダブルホッパーとは、㈱三ツ星ファーム ㈱吉田 営業本部パートナーズ(有) 3社の民間企業が自分たちのノウハウや技術を持ち寄り、新たなる産業を確立させ地域活性化に寄与する民間団体グループです。WHOPERの「W」は和歌山県の頭文字と、HOPERは、ビールの主原料の栽培する人とクラフトビールの醸造する人、それらをブランディングし販売する人の3つの意味を込めてネーミングしました。オール和歌山の素材で、ホップの栽培から醸造までをワンストップにて行うと共に、新産業として定着させ地域活性化に寄与します。そして新商品開発にて新市場を創造することを目的としています。


~連携企業紹介~

■株式会社三ツ星ファーム https://mitsuboshi-farm.com

和歌山県九度山にて水耕栽培にてリーフ栽培を展開。和歌山県下初で「GLOBAL G.A.P」を認証取得 。水耕栽培の効率化を図るために、電解水を発生させる装置を自社で開発し、野菜内に「乳酸菌」を配合させることに成功し「機能性健康野菜」として注目を集めている。

                本事業ではホップ栽培を担当。土壌改良にて独自の有機溶剤を使用し土壌を復活させた。

 


■株式会社吉田 http://wakayama-brewery.com/

和歌山市内にて和歌山麦酒醸造所三代目を展開。店舗内に醸造施設を持ち「AGARA あがら」のオリジナルクラフトビールを展開。季節に応じたクラフトビールをリリースするなど、和歌山県内にとどまらず今後は海外展開も視野に入れている。今回のプロジェクトにて醸造を担当。クラフトビールのトレンドや自社店舗内でのマーケティングデータからクラフトビールの「味・風味」を開発。富貴産ホップの爽やかな風味は非常に好評である。

 


           ■営業本部パートナーズ有限会社 http://www.eigyoueigyou.com

             コンサルティング企業であり、飲食店や食堂の運営を行い実践マーケティングを得意と       する企業。商品のブランディングを得意とし、様々商品を市場流通させてきた実績があり    ます。本事業では地域活性化のフレームワークを構築すると共に、上記2社との連携を図り    「天空 般若」のブランディングを行い、コンセプトメイクから商品商品開発までプロ     デュース。 先義後利を経営理念に、クラフトビールの全国展開および世界進出を狙う。